Recruit採用情報

  • TOP
  • 採用情報

あなたの力・やる気をUNIUSで発揮してみませんか?

UNIUSは、未来志向型の知財支援事務所として更に進化させるため、優秀な力を求めています。

  • 弁理士
  • 事務担当

貴方のポテンシャルを活かす
フィールドをご提供します。

所内での自由な雰囲気を大切にしながら、組織力で貴方のポテンシャルを引き出します。ご応募をお待ちしております。

業務内容の紹介

  • 発明ヒアリング

    クライアントとの面談を通じて発明の本質を引き出し、クライアント企業のビジネスに効果的なクレームを提案します。弁理士として最も重要な業務の一つであり、高いコニュニケーション能力と技術理解力が要求されます。複数名で参加することが多いです。

  • 書面作成

    発明ヒアリングの内容に基づき、特許庁に提出するための書面を作成します。単独で行う業務になりがちですが、困ったときには周りの所員に気軽に相談できる文化があります。技術力に加えて、文章構成力、法的知識が必要となります。

  • 中間対応

    特許庁から通知された拒絶の理由を検討し、クライアントに対して対応策を提案します。合意が得られれば、特許庁に対して対応文書(補正書・意見書)を提出します。権利の活用シーンを汲み取る力、ロジカルな思考力、説得性のある文章力が要求されます。弁理士の腕の見せ所の一つです。

  • 外国出願

    クライアントが日本以外の国での権利化を希望する場合、クライアントから指定された国の代理人に対して出願の指示を行います。(主として)英語への翻訳作業、各国のプラクティスに合わせたクレームの修正などを行います。また、各国特許庁でオフィスアクションが通知された場合には、応答策を検討し、現地の代理人に指示します。英語力、各国の実務の知識が必要となりますが、業務を通じて習得することができます。

  • 外内(外日)出願

    外国のクライアントが日本での権利化を希望する場合、現地代理人から出願の指示が来ます。必要に応じて日本語に翻訳した上で、特許庁に提出します。拒絶対応の際には、対応案を必要に応じて英語に翻訳して現地代理人に連絡します。自分で作成した明細書ではないため、作成者の意図を汲み取りつつ発明の内容を理解する力が要求されます。

  • 鑑定・相談業務

    自社製品が競業他社の特許を侵害していないか、逆に、競業他社の製品が自社特許を侵害していないかといった侵害に関する鑑定、他社の特許を無効(取消)にできないかといった無効化の相談など、権利化以外の業務も行っていただく機会があります。

教育・研修制度

業務を通じた丁寧な指導

経験が浅い弁理士には、経験豊富な弁理士が丁寧に指導します。
クライアントとの打ち合わせ、明細書の作成、拒絶への対応、外国出願、外日出願など、各業務を担当する中で、経験を重ねて頂きます。
所員間でコミュニケーションの取りやすい雰囲気づくりを意識しています。業務中も気軽に所員に相談してください。

研修・勉強会を通じた研鑽

毎週行われる判例研究会を初め、有志で行っている勉強会、弁理士会等が主催する外部研修などに積極的に参加頂けます。また、所内には多数の書籍があり、自由に閲覧することができます。

所員の声

  • 経験次第で
    自分なりのやり方を工夫していける

    弁理士A

  • フラットな組織、
    弁理士としての成長機会が多い

    弁理士B

  • 働きやすい環境で、
    幅広く活躍できる弁理士へ

    弁理士C

経験次第で
自分なりのやり方を工夫していける

私の場合は知財業務未経験でしたが、入所してすぐにOJT形式で指導を受けながら、実際に国内外案件の中間処理と明細書作成の機会に恵まれました。クライアントの出願相談も早い段階から主体的に提案をする立場を経験するなど、先輩弁理士の指導やサポートを受けながら一連の実務経験を積んでいくことができます。
ユニアスは、仕事の形式は過度に束縛しない風土ですので、経験次第で自分なりのやり方を工夫していけることも魅力の一つです。
コミュニケーション力が高い所員が多く、仕事の相談も丁寧に対応してくれます。毎月の懇親会という有志の飲み会やサークル活動(※)では、先輩方の仕事以外の一面も見られ、親睦を深めることができます。
(※コロナ禍のため現在は中断中)

弁理士A

執筆時入社2年目
事務所経験無し

フラットな組織、
弁理士としての成長機会が多い

ユニアスでは、クライアントに接する各弁理士が最上位に位置し、事務所が各弁理士を後方支援するイメージに近いです。経営陣も事務所運営の傍ら一弁理士として明細書を書いていますから、弁理士全員が横並びの組織といえます。ワンマンタイプのトップダウン型の事務所ではなく、民主的な事務所という印象です。ユニアスには特許技術者がいませんので、発明者へのヒアリング、明細書・図面作成、内外国への出願、特許庁OA対応の一連の業務を全て担当しなければなりません。図面作成や翻訳は外注することも可能ですが、少なくとも自らの責任で内容をチェックしなければなりません。幅広い業務に主体的に携わることが求められます。よって、得意な業務だけを担当したいと思われる方には、弊所は合わないかもしれません。未経験の業務があっても様々な業務に挑戦していく姿勢が重要かと思います。先輩弁理士からも手厚いサポートをもらえます。

弁理士B

執筆時入社2年目
事務所経験無し

働きやすい環境で、
幅広く活躍できる弁理士へ

ユニアスでは、「特許技術者がいないため、弁理士が幅広い業務を速やかに処理する必要があり、高い処理能力が要求されます。」、「各弁理士が自己の責任で業務を行うため、高い責任感が要求されます。」、「人間関係が重視されるため、コミュニケーション能力・人間的魅力が要求されます。」(※)と、高い意識と高い能力が要求されています。入社したばかりで知財業務未経験の私が、すぐに同じような弁理士となるように、業務のやり方や弁理士のあり方などを、一生懸命叩き込んでくれます。さらに、スキルアップのためのサポートが充実しており、弁理士と事務員が全員で事務所運営をしているため、職場環境も常に各自が働きやすいように整えられています。働きやすい環境で働くことができ、そして将来幅広く活躍できる弁理士になることができる事務所、それがユニアスだと思います。
(※採用担当者より:過去のホームページの募集要項に記載されていた内容ですが、現在も踏襲されています。)

弁理士C

執筆時入社3年目
事務所経験無し

採用情報紹介スライド

選考フロー

通常、2回の面接を予定しています。

審査の結果は速やかにご連絡します。

働きやすい環境で、
スキルを積むことができます。

特許事務担当は女性の比率が高いため、
特に働きやすい環境を意識しながら、居心地のよい職場づくりを目指しています。
ご応募をお待ちしております。

業務内容の紹介

  • 国内事務担当

    国内のクライアントに関わる、日本における権利関連業務を担当します。
    主として、特許庁への提出書類の準備、オンラインを通じた特許庁への手続と特許庁からの書類の受領、国内のクライアントとの書類のやりとり、データによる期限管理といった業務を担当頂きます。

  • 外内(外日)事務担当

    海外(各国)のクライアントに関わる、日本における権利関連業務を担当します。
    主として、日本国特許庁への提出書類の準備、オンラインを通じた特許庁への手続と特許庁からの書類の受領、現地代理人との書類のやりとり、データによる期限管理といった業務を担当頂きます。業務には英語力が要求されます。

  • 外国(出願・中間)事務担当

    国内のクライアントに関わる、外国における権利関連業務を担当します。
    出願担当は、PCT出願に関連する業務、各国の出願に関連する業務を担当します。現地代理人に対する出願・審査請求の指示、IDS提出の指示などを行います。中間担当は、各国への出願手続完了後に関連する業務を担当します。各国特許庁で発行されたOAのクライアントへの回送、期限管理、現地代理人に対してOAへの対応指示、年金納付指示などを行います。英語力と、各国の特許実務に関する知識が必要となりますが、業務を通じて身につけることができます。

教育・研修制度

チーム制で協力しながら

事務担当は、国内事務、外日事務、外国事務の3つのセクションに分かれており、それぞれのセクションでチームを組んでいます。常にリーダーがメンバーの進捗を把握し、互いにチェックを行いながら、一人に業務が集中することのないように意識しています。
産休・育休制度を活用される事務の方も多く、互いに協力し合う雰囲気が醸成されています。

やりがい

弁理士と特許事務しか所属していない環境のため、特許事務が占める貢献度が高いです。また、ユニアスには多くのクライアント企業が存在し、また、多くの現地代理人とのコネクションがありますので、日常の業務を通じて多様な経験を積むことができます。

選考フロー

通常、2回の面接を予定しています。

審査の結果は速やかにご連絡します。