2021.10.10 新着情報 » 食品開発展2021(10月6日~8日)にブースを出展致しました。

食品開発展2021(10月6日~8日)にブースを出展し、弁理士(特許専門:春名・小林、商標意匠専門:石川)による特許・商標・意匠の無料相談会を実施致しました。

多数の方にご来場頂き、誠にありがとうございました。

記念セミナーでは、グローバルニュートリショングループの武田猛先生と共に、
「オンリーワン商品の開発」をテーマに、機能性表示食品の届出から知財権利化までを講演させて頂きました。

(1)春名弁理士から、「用途発明で機能性表示食品を市場独占する手法」、「機能性の特許」と「美味しさ追求の特許」の両面から商品リピートにも繋がる権利化戦略について、事例紹介を行いました。
(2)石川弁理士からは、雑誌「食品と開発」の9月号と連動して、「届出件数が4000件を突破した機能性表示食品の熾烈な競争から、オンリーワンで「売れる」商品のための商標、意匠をミックスした戦略を解説しました。

出展者プレゼンテーションでは、
小林弁理士が『事例で解説 機能性成分特許取得のポイント』をテーマに講演しました。近年の新しいヘルスクレームに対応した用途発明の権利化戦略や、用途を限定せず一般食品も保護可能な特許の権利化ポイントなど、実践的な事例が凝縮されていました。

弊所ブースでは、クライアント様によるオンリーワン商品を多数展示させて頂きました。

[ユニアスブース]

 

 

 

 

 

 

 

 

 

講演内容や研究資料にご興味がございましたら、弊所までお問合せください。
※食品専門の連絡先 food■unius-pa.com ※御手数ですが、■を@に替えてください。