弁理士紹介 » ピータース ジェリー

顧問

ピータース ジェリー

顧問 米国弁理士

1998年 米国弁理士試験合格

専門分野

物理学、生物学

学歴

米国ダートマス大学で物理・生物を専攻し卒業

職歴

米大手半導体生産工場でフォトリソ担当技術師として勤務
米インクジェットプリンターのベンチャー企業で研究開発に従事
米法律事務所で米国弁理士として勤務
個人事務所JTT Translation Servicesで特許翻訳や米国出願代理に従事(1990年-現在)
2012年よりユニアス国際特許事務所顧問

所属

米国弁理士会(NAPP)
関西特許研究会(KTK)
Dartmouth Entrepreneurial Network (DEN)

資格

米国弁理士(1998年)
アメリカ翻訳者協会(ATA)による和英翻訳者認定(1993年)

講師歴

同志社大学大学院 生命医科学研究科の科目である「バイオテクノロジー特論」の嘱託講師(2019年-現在)
同志社大学 生命医科学部 サイエンスコミュニケーター養成副専攻の科目である「サイエンス・ナウ (生命科学と社会) 」の嘱託講師(2018年-現在)
南甲弁理士クラブ主催セミナー「米国特許実務の実践」講演者(2017年)
PA会主催セミナー「米国特許実務の常識・非常識」講演者(2017年)
日本弁理士会近畿支部主催セミナー「米国情報開示陳述書(IDS)の記入方法や添付書類について、不正⾏為となる危険性を避けながら費用を極力抑えるための戦略的アドバイス」講演者(2017年)
日本弁理士会東京支部主催セミナー「米国情報開示陳述書(IDS)の記入方法や添付書類について、不正⾏為となる危険性を避けながら費用を極力抑えるための戦略的アドバイス」講演者(2016年)
日本弁理士会四国支部主催セミナー「米国で請求項の名詞の単数・複数、先行詞、冠詞 判例から見た危険性及びその対応策」講演者(2016年)
夢を語りたくなる会(東京)会合セミナー「アフター・ファイナルで審査官との交渉をゲーム理論っチックに考えよう」講演者(2015年)
ユニアス国際特許事務所主催セミナー「特許翻訳お落とし穴…そしてそこから抜け出すための知識」講演者(2013年)
関西特許研究会講演者(2001-2003年; 2011年-現在)
京都センチュリーホテルで企業知財部向け「米国特許出願に関する基礎知識」講演者(2011年)
7th Annual New England Translators Association Conference (NETA) 講演者(2003年)
13th International Japanese-English Translation Conference (IJET) 講演者(2002年)
Foreign Intellectual Propert Society (FIPS)講演者(2001-2002年)

著作歴

「The Disappearing Rule of Addition」(2004年)