2019.11.6 新着情報 » 光吉弁理士が、「知財管理」 2019年8月号『判例と実務シリーズ』にて、「明細書に開示のない事項に係る補正の新規事項の該当性」を執筆しました。

光吉弁理士が、「知財管理」 2019年8月号『判例と実務シリーズ』にて、「明細書に開示のない事項に係る補正の新規事項の該当性」を執筆しました。

詳細は以下PDFをご参照ください。

知財管理第69巻第8号 『判例と実務シリーズ』「明細書に開示のない事項に係る補正の新規事項の該当性」(2019年)

内容にご関心がございましたら、下記までお知らせください。

※連絡先 office■unius-pa.com ※御手数ですが、■を@に替えてください。