A商標(餃子の<<<王将>>>)は、商標法4条1項11号に該当するとした審決が取り消され(A事件)、B商標(元祖餃子の王将)は、商標法4条1項11号に該当しないとした審決が取り消された(B事件)事例

(判決H19.7.19 知財高裁 平成18年(行ケ)第10519号(A事件)、平成19年(行ケ)第10091号(B事件)〔知財2部〕 無効審決取消請求事件)

 

事案の概要

 特許庁は、『A商標は、引用商標1〜3とは「オウショウ」の称呼及び「王将」の観念を共通にする類似する商標であるため指定商品「ぎょうざ、サンドイッチ」等についてのA商標の登録は無効である。一方、B商標は、引用商標1〜3とはその称呼・観念・外観がいずれも区別し得るから、商標において非類似である。』と判断した。

 これに対し(A事件)、原告(商標権者)は、『A商標は、引用商標1〜3とは外観上明らかに相違し、またA商標は、「餃子の王将」の観念が生じるのに対し引用商標1と2からは「王将」の観念が、引用商標3からは「将棋の駒の王将」の観念が生じるため、A商標と引用各商標とは観念においても異なり、またA商標は、全体が一体不可分のものとして「ギョウザノオウショウ」と称呼されるのが通常であり、A商標と引用各商標とは称呼においても異なる。さらにA商標は著名であり、需要者において出所を誤認混同するおそれは一切ない。』と反論した。

 これに対し(B事件)、被告(審判請求人)は、『B商標からは「オウショウ」の称呼、「王将」の観念が生じているため、B商標と引用各商標とは同一の称呼、観念を生じている。また、B商標も引用各商標も、標準的な文字を使用しており、「王将」の部分につき同一性が認められるため外観上類似する。』と反論した。

 

裁判所の判断

 A事件について

 裁判所は、『A商標と引用各商標とは、外観において区別しうるが、称呼においては場合によりこれを同じくし、観念は同一である。そこで、指定商品を中心とした取引の実情を踏まえて、商品の出所に誤認混同をきたすおそれがあるか否かについて検討すると、共通の指定商品である餃子に関し、その需要者等には、A商標は高い識別力を有し、その外観により原告の商品であることを想起させるものとして引用各商標と識別することは十分に可能というべきである。したがって、A商標と引用各商標とは、同一または類似の商品に使用された場合に、商品の出所につき誤認混同を生ずるおそれがあるとは認められず、互いに類似する商標ではない。』と判断して、審決を取り消した。

 B事件について

 裁判所は、『B商標と引用各商標とは、外観において一応区別しうるもののそれほど顕著な差異とはいえず、称呼については構成音及び語調語感にさほどの差異はなく、観念についてはほぼ同一というべきである。そして、指定商品の取引の実情を踏まえて商品の出所に誤認混同をきたすおそれがあるか否かについて検討すると、原告がB商標を実際に使用しているとの証拠もなく、また、原告の使用する「餃子の王将」と「元祖」とを組み合わせるなどした表示も使用していないことから、商品の出所に誤認混同をきたすおそれがないとはいえない。また、「元祖餃子の王将」の文字から「餃子の王将」の部分だけが取り出され認識されるほどに著名であるとまで認めることはできない。したがって、B商標と引用各商標とは、同一または類似の商品に使用された場合に、商品の出所につき誤認混同を生ずるおそれがある類似する商標であるといえる。』と判断して、審決を取り消した。

 

コメント

 商標の外観、観念または称呼の類似は、その商標を使用した商品につき出所の誤認混同のおそれを推認させる一応の基準にすぎず、たとえその一において類似する場合でも、他の二点において著しく相違することその他の取引の実情等によって、商品の出所に誤認混同をきたすおそれがない場合には、類似する商標とはいえないことに留意すべきである。